ホーム
ホーム >> お知らせ

記事一覧

2017年07月06日(木)
八頭郡で手足口病が流行の兆しです。

 手足口病は毎年夏になると流行する感染症ですが、今年は例年以上に全国的に手足口病が発生しているようです。
 八頭郡でも6月下旬より手足口病の発生が始まり、7月に入るとかなり流行してきました。
 症状は手、足、口の発疹です。手の発疹は主に手のひらに、足の発疹は足の裏や甲に、口の発疹は舌や粘膜に出ます。発疹に痛みやかゆみはありません。膝やお尻に発疹が出ることもあります。熱は出ないか微熱程度のことが多いのですが、今年の手足口病には、高熱が出たり、腕や足(足の裏や甲以外)にもたくさんの発疹がでることがあります。
 手足口病には特効薬がなく、せいぜい解熱剤や口内炎用の塗り薬程度で日にちがたてば治る病気ですが、まれに髄膜炎を合併することがあります。口が痛くて食べられない場合は、味の薄い流動食にします。
 手足口病は、熱がなくて元気なら、発疹が出ていても通園できます。

2017年06月03日(土)
八頭郡で溶連菌感染症が流行しています。

 5月より八頭郡で溶連菌感染症が流行しています。特定の地区の保育園や小学校ではなく、どこにでもあるという感じです。
 溶連菌感染症の症状は、発熱とのどの痛みです。簡単な検査で診断できますので、特に周りに溶連菌感染症があり、発熱やのどの痛みなどの症状がそろった人には受診をお勧めします。溶連菌感染症は腎炎を起こしやすいため、発症後3~4週間の検尿で確認します。

2017年04月22日(土)
5月2日(火)の午後診は6時までです。

 平成29年5月2日(火)の午後診は6時までです。5月1日(月)、6日(土)は通常通り診療いたします。
 ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。

2017年04月18日(火)
インフルエンザの流行がほぼ終わったようです。

 4月に入って暖かくなったためか、八頭郡ではインフルエンザの流行はほぼ終わったようです。3月はA型が多く、B型はたま見られる程度でしたが、4月に入るとA型もB型もほとんど見られなくなりました。例年は、最後に短期間B型が流行してから、そのシーズンのインフルエンザの流行が終わるのですが、今シーズンは、B型の流行なしでインフルエンザの流行が終わりそうです。

2017年03月28日(火)
八頭郡ではインフルエンザが下火になってきました。

 八頭郡ではまだインフルエンザが散発的に発生していますが、一時に比べ、数はかなり減っています。それに、最近インフルエンザのB型が発生しました。毎年B型はインフルエンザの流行の最後に発生し、A型に比べ短い時間で終わりますので、今シーズンのインフルエンザの流行は間もなく終わるものと思われます。

2017年03月19日(日)
八頭町の保育園でインフルエンザが流行しています。

 今シーズンのインフルエンザの流行は大人や高校生から始まりましたが、現在は保育園児が流行の中心です。毎年、インフルエンザはA型の流行で始まり、最後にB型が短い時間流行して終わります。今のところ、インフルエンザの患者はすべてA型で、B型はまだ発生しておりませんので、インフルエンザの流行はしばらく続くものと思われます。

2017年02月21日(火)
八頭町でおたふくかぜが流行しています。

 今年に入ってから、八頭町でおたふくかぜが流行しています。しばらくおたふくかぜの流行がなかったため、免疫のない児が増えたことが流行の原因と思われます。
 主な症状は、発熱と両耳の下の腫れと痛みです。両耳の下の腫れは同時に起きるとは限りません。時期がずれて腫れることもありますし、片方しか腫れないこともあります。あごの下が腫れることもあります。ものを食べるときには、顎が動きますので耳の下が痛くなります。また、たくさんの唾液が出るときには耳の下が痛くなりますので、かまずに済む流動食がお勧めです。酸っぱいものは唾液をたくさん出し、痛みを誘発しますので、避けたほうが無難です。

2017年01月17日(火)
八頭町でインフルエンザが流行期に入りました。

 1月に入り、八頭町でインフルエンザが流行期に入りました。今のところ患者は中学生、高校生に多いですが、間もなく小学生、保育園児にも拡がるものと思われます。ほとんどはA型インフルエンザですが、B型もまれに発生しています。
 当院では、今年従来より早期にインフルエンザの判定ができる機器を導入しました。従来の検査法では、発熱後1日くらい経たないとインフルエンザの判定ができませんでしたが、新しい検査法では、発熱後数時間で判定できます。早期診断、早期治療がインフルエンザには大切ですので、早めの受診をお勧めします。

2016年12月22日(木)
八頭郡でインフルエンザの発生が始まりました。

12月に入ってから、八頭郡でインフルエンザが散発的に発生しています。近々学校が冬休みに入りますので、しばらくはインフルエンザの発生は減るかもしれません。しかし、正月の帰省客によるインフルエンザの持ち込みと、冬休み明けの集団生活の再開によって、1月にはインフルエンザの流行が始まる可能性が高いと思われます。

2016年12月02日(金)
12月15日(木)の午後診は4時からです。

 12月15日(木)の午後診は4時からです。
ご迷惑をおかけしますが、よろしくお願い申し上げます。